自分で出来るマスクトラブル回避ケア

表情筋のトレーニングで口臭予防?

正直な話、以前の様にマスクを外して生活出来る日がいつになるのか分かりません。
とはいってもトラブルのリスクを少しでも回避したいものです。
表情筋のトレーニングによってトラブルを回避出来るかも知れません。

表情筋のケアは唾液を分泌させやすくなるのが特徴で、子どもから高齢者全ての方にトライして欲しい事象です。
まず耳の後ろ・顎の下を指で10~15回ほど押すとじんわりと唾液が分泌されます。

続いては口を閉じた状態で舌を歯茎の表面をぐるりと一周させます。
右上から左上、左下、右上と1周したら今度は逆回しです。
1セット10秒程度、時間のある時にサッと出来るのがこのマッサージの特徴です。
表情筋のマッサージはほうれい線やたるみ防止にも効果的です。

肌荒れには入念なケアを

女性に多い悩みですがマスクをしているとにきびや赤み、かゆみなど肌トラブルが生じてしまうことがあります。
肌トラブルが生じているからといってマスクを着用しない選択が出来ないので、どうすれば良いのか分からないと悩む方がいます。

皮膚科を含む医療機関へ相談する方が増えていて、原因はマスクをしていると周辺が高温多湿になる事で、皮膚の温度が高くなります。
それによって汗や皮脂が分泌されます。
これをエサに細菌も増えてしまい、ニキビや吹き出物の原因となります。
その為、マスクを長時間装着した後はすぐに洗顔し少しでも肌を清潔な状態にします。

長時間のマスク着用は肌へ負担をかけているので、これまでよりも保湿に力を入れると良いでしょう。
敏感肌用のスキンケアアイテムを取り入れるのも賢い手段です。