会話が減り唾液も減少?マスク生活で口臭や虫歯トラブル多発!

マスク生活でトラブル発生?アナタがこれから気をつける事とは?

マスク着用のお陰で得られたメリットとは?

日本ではここ10年ほど前から冬・花粉が飛散する春にマスクをするのは特に珍しくなく、人によってはシーズンによって使い分けているという事もありました。
しかしここ数年間で外出時や会話をする際はマスク着用が必須となり、生活必需品となりました。
時にはマスクの買い溜めや生産量が追いつかず品薄になってしまったり、粗悪品が販売されたりとひと悶着あったのは記憶に新しいところです。

すっかり私達の生活に馴染んだマスクですが、国内で生産が始まったのは1879年とかなり最近になってからです。
呼吸器とも呼ばれていて、空気をろ過してくれると謳い文句が話題を誘いました。
1910年代になると高級品を所持するのがステータスとなり、革製のマスクがトレンドになりました。
この頃はスペイン風邪が流行した事もあり、マスクは飛ぶように売れたそうです。

1940年代になるとガーゼマスクがメインとなり、ほとんど今と同じスタイルが確立されました。
1980年代になると花粉症対策としてマスク着用が促され、2000年代からは使い捨てマスクが当たり前になっていきます。
女性のすっぴん隠しや暖かさなど本来の使い方とは違う使い方が話題になり、機能だけでは無くおしゃれさを兼ね備えたマスクが販売されるなど、様々な進化を遂げています。

マスクが一般的になる事で多くのメリットを肖る事ができましたが、実はちょっとしたデメリットやトラブルが起きています。
そのトラブルについて、改善方法やケアに注目しています。

マスクは何の為に作られた?

感染症を防ぐ為に数年前から外出時や、人と会話をする時はマスク着用がポピュラーとなりました。そこで得られたメリットは数多くありますが、具体的に挙げられるメリットを公開しています。 これから先の事は分かりませんが、TPOに応じてマスク着用していきましょう。

意外?マスク着用でトラブルが発生?

自分自身、または家族や大切な人を守る為にマスクを着用していますが、思いも寄らぬトラブルも発生しています。 マスク生活が長くなる事で生じているトラブルをいくつかピックアップしています。みなさんも気づかない内にトラブルを抱えているかも知れません。

自分で出来るマスクトラブル回避ケア

気付かぬうちにトラブルを抱えたくない。医療機関へ行く前に何とかケアをしたい。そんな方にぴったりのセルフケアを公開しています。 口腔内環境の変化は気づきにくいので、毎日のルーティンに入れてみるのも良いでしょう。今日から出来るセルフケアを紹介しています。